新築 木造住宅耐震相談

家庭の耐震事前対策としては家具などを固定するのが重要ですが、50家庭中半分以上が固定していないという現状でした。
首都直下地震では建物の倒壊も増えると予想されており、全壊する木造の建物は39万棟と試算されています。
そんな中、耐震診断を依頼する家庭が増えています。

巨大地震に遭遇する確率

30年以内 99%(宮城県沖地震)
30年以内 84%(東海地震)
30年以内 70%(南関東地震)
(地震調査委員会発表 平成16年8月23日)

ちなみに、交通事故に遭遇する確率、
30年で0.26%

 

耐震診断

耐震診断とは、既存の建物の構造強度を調べて想定される地震に対する耐震性や被害の大きさなどを
判断することで、地震による建物の倒壊を未然に防ぐために、その恐れの有無を確認する目的で行います。

当社の診断法は非破壊調査で、一定の精度を確保できる一般診断法で行います。
一般診断とは、現地調査にて地盤・基礎・屋根・間取り・壁量・使用建材などを確認し、会社に一度持帰り、図面作成し耐震診断ソフトにて耐震診断評価点を算出します。
当社の 建築士「有資格」スタッフが伺いますのでご安心を。

まずはお問い合わせください。しつこい営業等はいたしませんのでご安心ください!

耐震診断の結果、耐震改修工事のご相談・お見積りも無料で行いますのでお気軽にご相談下さい。

新築 地盤

2011.3.11をきっかけに、ウメックスホームでは地盤の大切さを痛感して
ジャパンホームシールド株式会社」さまと提携しました。

今回の熊本の災害で改めて地盤の大切さを感じた方も多いと思います。
この記事を読んでくださている、あなたも「自宅の地盤は大丈夫なのか?」と感じませんか?

今回ジャパンホームシールドさまが全国の地盤情報を無料で公開しています。
インターネットから自宅の住所を入力するだけの簡単操作で、自宅の地盤評価を確認できます。
あなたご自身のため、また御家族のためにも、一度ご確認いただけたらと思います。

操作に関するサポートは直接「ジャパンホームシールド」さまにお問合せください。

地盤の調査結果について気になる点がございましたら、「ウメックスホーム」までお問合せください。

さっそく、「地盤サポートマップforU」を試してみる